コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分子線分光学 ぶんしせんぶんこうがくmolecular beam spectroscopy

1件 の用語解説(分子線分光学の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんしせんぶんこうがく【分子線分光学 molecular beam spectroscopy】

分子線中にある原子や分子を研究する分光学の一分野。分子線の特徴は,その生成方法によっても異なるが,その中の原子や分子は,流れの方向や速さ,電子状態,また分子の場合には振動回転状態などがそろっていることである。 分子線分光学の歴史は古いが,最近の超音速分子線supersonic molecular beamのレーザー分光法への応用によって新たな発展段階に入ってきた。1922年にO.シュテルンゲルラハWalther Gerlachは,銀原子線を不均一磁場に通すと2方向に分かれることを発見し,これが電子スピンの存在を実験的に証明したことは有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone