分子線分光学(読み)ぶんしせんぶんこうがく(英語表記)molecular beam spectroscopy

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんしせんぶんこうがく【分子線分光学 molecular beam spectroscopy】

分子線中にある原子や分子を研究する分光学の一分野。分子線の特徴は,その生成方法によっても異なるが,その中の原子や分子は,流れの方向や速さ,電子状態,また分子の場合には振動回転状態などがそろっていることである。 分子線分光学の歴史は古いが,最近の超音速分子線supersonic molecular beamのレーザー分光法への応用によって新たな発展段階に入ってきた。1922年にO.シュテルンとゲルラハWalther Gerlachは,銀原子線を不均一磁場に通すと2方向に分かれることを発見し,これが電子スピンの存在を実験的に証明したことは有名である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android