UDDI(読み)ユーディーディーアイ

デジタル大辞泉「UDDI」の解説

ユー‐ディー‐ディー‐アイ【UDDI】[universal description, discovery and integration]

universal description, discovery and integrationウェブサービスの検索・照会システム。名称、機能、各種技術仕様などで検索でき、電子商取引をはじめ、外部からの利用の便宜を図ることを目的とする。インターネット上で一般公開されるパブリックUDDIと、企業のイントラネットなどで使用されるプライベートUDDIとがある。遠隔地のコンピューターのデータやサービスを呼び出す際には、XMLに基づいたSOAPというプロトコルが用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「UDDI」の解説

UDDI

XMLを使った、インターネット上で提供されているWebサービスを検索するための仕組み。UDDIでは、企業から登録されたWebサービスの情報を蓄積し、他のWebアプリケーションやソフトウェアが名前やサービスのカテゴリーなどで検索できるようにする。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android