コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

UVC ユーブイシーUVC

デジタル大辞泉の解説

ユー‐ブイ‐シー【UVC】[ultraviolet C]

ultraviolet C》波長が200~280ナノメートルの紫外線。太陽光線に含まれるが、オゾン層があるため地表には到達しない。殺菌灯などに利用される。短波長紫外線。C領域紫外線。紫外線C波。→ユー‐ブイ‐エー(UVA)ユー‐ブイ‐ビー(UVB)

ユー‐ブイ‐シー【UVC】[USB video class]

USB video class》カメラ機器のUSB接続に関する標準規格。同規格に対応した機器の場合、パソコンに個別のドライバーを導入することなく、デジタルカメラウェブカメラの操作・制御が可能となる。USBビデオクラス。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

UVC

〖ultraviolet C〗
100~280nm の波長をもつ短波長紫外線。UVA、UVB に比べて波長が短く、エネルギーが高いため、皮膚癌がん発生の原因となりやすい。従来はオゾン層に吸収されて地表には届かなかったが、近年、オゾン層の破壊により、その危険性が危惧きぐされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

UVCの関連キーワードシューマン領域近紫外線SPFUVAUVB

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android