W.E. ムーア(英語表記)Wilbert Ellis Moore

20世紀西洋人名事典「W.E. ムーア」の解説

W.E. ムーア
Wilbert Ellis Moore


1914 -
米国の社会学者。
プリンストン大学教授,米国社会学会会長。
ワシントン州生まれ。
リンフィールド大学、オレゴン大学で学んだ後、ハーバード大学で機能主義社会学理論を学び、1940年に博士号を得る。ペンシルベニア州立大学の助教授を務めた後、’43年にプリンストン大学に移り、教授となる。米国での産業社会学の確立に寄与し、特に、産業化を社会変動の基礎的要因として重視する変動の一般理論を目指した。社会変動論、産業問題を主な研究課題としている。’66年に米国社会学会会長となる。主著に、「産業関係と社会秩序」(’46年)、「産業化の社会的影響」(’65年)。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報