コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

X線自由電子レーザー(読み)エックスセンジユウデンシレーザー

デジタル大辞泉の解説

エックスせん‐じゆうでんしレーザー〔‐ジイウデンシ‐〕【X線自由電子レーザー】

自由電子レーザーの一。電子をほぼ光速に加速し、アンジュレーターという磁石が多数並ぶ装置で電子を蛇行させて放射光を発生・増幅し、X線領域の電磁波を発振するレーザー。ごく短時間に起こる化学反応の観察やたんぱく質構造解析の高速化・効率化への応用が期待されている。第3期科学技術基本計画に盛り込まれた国家基幹技術の一。XFEL(X-ray free electron laser)。
[補説]平成23年(2011)に日本初のXFEL施設「SACLA(サクラ)」が播磨科学公園都市(兵庫県)に建設され、平成24年(2012)3月から供用運転を開始した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

X線自由電子レーザーの関連情報