YELLOWブック(読み)いえろーぶっく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

YELLOWブック

REDブックをベースとして、音声データだけでなく、文字や画像など、コンピューターで一般に使用するデジタルデータをCDに記録するための規格。YELLOWブックは別名を「CD-ROM Standard」とも呼ばれる。規格が提唱されたのは1983年10月。 一般にCD-ROMといった場合は、このYELLOWブック規約を指す。「CD-ROMドライブ」と呼ばれるためには、このYELLOWブック規約のセクタ構造を正しく読めなければならない。 YELLOWブックでは、REDブックフォーマットからさらにエラー検出/エラー訂正を強化し、訂正不能エラーが発生する確率を音楽CDのおよそ1000倍に高めている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android