コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

YELLOWブック いえろーぶっく

1件 の用語解説(YELLOWブックの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

YELLOWブック

REDブックをベースとして、音声データだけでなく、文字や画像など、コンピューターで一般に使用するデジタルデータをCDに記録するための規格。YELLOWブックは別名を「CD-ROM Standard」とも呼ばれる。規格が提唱されたのは1983年10月。 一般にCD-ROMといった場合は、このYELLOWブック規約を指す。「CD-ROMドライブ」と呼ばれるためには、このYELLOWブック規約のセクタ構造を正しく読めなければならない。 YELLOWブックでは、REDブックフォーマットからさらにエラー検出/エラー訂正を強化し、訂正不能エラーが発生する確率を音楽CDのおよそ1000倍に高めている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

YELLOWブックの関連キーワード国際赤十字国際保護鳥エナジードリンクFedora CoreRed Hat Linux赤色土壌サケ藤堂瞬長谷川恵美RIBEKA

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone