コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Z

デジタル大辞泉プラスの解説

Z

1969年製作のフランス・アルジェリア合作映画。原題《Z》。ギリシャで実際に起きた左翼政治家暗殺事件を扱った社会派スリラー映画。監督:コスタ=ガブラス、出演:イブ・モンタン、イレーネ・パパス、ジャン=ルイ・トランティニャン、ジャック・ペランほか。第42回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同編集賞、外国語映画賞受賞。

Z

ホンダ(本田技研工業)が1998年から2002年まで製造、販売していた軽自動車。3ドアの小型SUV。四輪駆動車。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

Z

交流回路における電流の流れにくさの量インピーダンスを表す記号。

Z

〖zero〗 ゼロの記号。
〖zone〗 地域・区域を表す記号。

z

数学で、第 3 の未知数を示す記号。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Z
ぜっと

英語アルファベットの第26字で、最終文字にあたる。イギリスではゼッド、アメリカではズィーと発音される。武器あるいは天秤(てんびん)を表すセム文字zayinを起源とし、ギリシア文字のゼータ(Z)を経由し、エトルリア文字に受け継がれた。ラテン語においては、紀元前1世紀のギリシア征服後、ギリシア語からの借用語のZ音を転写するために、Yとともにアルファベットの最後に加えられた。数学ではx、yに次ぐ第三の未知数を表し、中世ローマ数字では2000を表す。国際信号旗のZ旗は、緊急の事態に処するための大いなる努力の要求を意味し、日露戦争時のいわゆる日本海海戦で、バルチック艦隊を迎え撃つ際に、司令長官の東郷元帥がこのZ旗を掲げて士気を鼓舞した話は名高い。アルファベットの最終字であることからfrom A to Zは、「初めから終わりまで」「すっかり」の意味である。[斎藤公一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

Zの関連キーワードザハリアーシュ広場べき級数(冪級数)グレートマジンガーZプライムボソンフェアレディZカワサキZFXカワサキZGPポテンシャル論ピカールの定理Zバッファー法ジグザグ航行ピタゴラス数マジンガーZ中性弱ボソンモジュラー律ローラン級数アクチニン有理形関数双曲放物面サルコメア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Zの関連情報