コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

eジャパン構想 いーじゃぱんこうそう

1件 の用語解説(eジャパン構想の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

eジャパン構想

全国民が情報通信技術を活用できる「日本型IT社会」を実現するための構想。2000年9月21日に衆院本会議で行なわれた森喜朗首相(当時)の所信表明演説で提唱された。5年以内に世界最先端のIT国家となることを目標としており、安価にインターネット常時接続できるブロードバンド環境の整備、電子政府の実現、IT技術者の人材育成強化などを掲げた。これらは一定の成果を上げたとされており、政府は次なる戦略として「いつでも、どこでも、何でも、誰でも」がネットワークにつながるユビキタス社会の実現を目指し「u-Japan構想」を打ち出している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

eジャパン構想の関連キーワードITTTC情報通信研究機構情報通JDCA情報ハブ電子政府構築計画

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone