コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

α過程 アルファかていα-process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

α過程
アルファかてい
α-process

進化の進んだ恒星内部での元素合成過程の1つ。質量数が4の倍数の核種が多く合成される。ケイ素燃焼とも呼ばれる。大質量の星の内部でヘリウム燃焼に引続き合成されたケイ素 28 は,中心温度が 30 億K をこえるとγ線を吸収してα粒子,陽子,中性子を放出する。これらの粒子は再び捕獲され,硫黄 32 から鉄 56 までの核種が共存する熱平衡に近い状態が実現する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

α過程の関連キーワードアトキンソンサイクルブレイトンサイクルえん(嚥)下障害インタークーラーライフサイクルオルバッハ過程アフターグロー確率微分方程式ロールバック恒率乾燥期間リセッションB2FH理論マルコフ過程政策過程論発生遺伝学創造的思考ベントリー代謝拮抗剤ブルーナー光化学反応

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android