コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

α過程 アルファかていα-process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

α過程
アルファかてい
α-process

進化の進んだ恒星内部での元素合成過程の1つ。質量数が4の倍数の核種が多く合成される。ケイ素燃焼とも呼ばれる。大質量の星の内部でヘリウム燃焼に引続き合成されたケイ素 28 は,中心温度が 30 億K をこえるとγ線を吸収してα粒子,陽子,中性子を放出する。これらの粒子は再び捕獲され,硫黄 32 から鉄 56 までの核種が共存する熱平衡に近い状態が実現する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

α過程の関連キーワードアトキンソンサイクルブレイトンサイクルインタークーラー確率微分方程式ライフサイクルオルバッハ過程アフターグローロールバックB2FH理論マルコフ過程恒率乾燥期間リセッション光化学反応準静的過程集団的思考政治過程論教育心理学ブルーナー代謝拮抗剤元素の起源

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android