《二河白道図》(読み)にかびゃくどうず

世界大百科事典内の《二河白道図》の言及

【善導】より

…これは善導の唱える念仏から化仏が生じたという伝承や,阿弥陀仏の化身とみた法然の善導観が造形的に表現されたからである。また浄土絵画のうち特異な《二河白道(にがびやくどう)図》は,善導が《観無量寿経疏》で説いた譬喩に基づいて作成されたものである。【伊藤 唯真】。…

【二河白道】より

…【礪波 護】 日本において,この比喩譚は極楽往生を欣求(ごんぐ)する浄土信仰者の信心を励ますため,鎌倉時代の浄土教家のあいだに広く流布した。《二河白道図》の遺品は,京都府粟生(あお)光明寺,兵庫県香雪美術館の両本が著名で,やや構成を異にするが,手前に闘争激しい現世の光景を,二河の向こうに極楽浄土の景観を描く点は両本に共通する。【浜田 隆】。…

※「《二河白道図》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android