《栽培植物の起源》(読み)さいばいしょくぶつのきげん

世界大百科事典内の《栽培植物の起源》の言及

【栽培植物】より

…このようにして人間は,自然から得た植物資源に生活を依存する生活から,食料を計画的に生産する段階に到達し,農耕が起源したのである。それで栽培植物の起源と農耕の起源は密接に結びついているといえるであろう。農耕が起こった地域は,人間が栽培化可能な野生植物や,家畜化できる野生動物が分布していた地域であったと考えられる。…

【ド・カンドル】より

…それらの成果を土台とし,さらに植物学のみならず,考古学,言語学の知見も加えて,1855年《合理的植物地理学》を公にした。その書の1章(栽培植物の系統に関する章)を拡大し,83年有名な《栽培植物の起源》を刊行した。本書は今日なお,この種の書物の標準的・古典的名著である。…

※「《栽培植物の起源》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android