コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《絵事鄙言》 えごとひげん

世界大百科事典内の《絵事鄙言》の言及

【画論】より

…西川祐信の《画法彩色法》(1742年刊の《絵本倭比事(わびごと)》所載)には,やまと絵の長所を継承する浮世絵師としての自覚がみられる。桑山玉洲の《玉洲画趣》(1790),《絵事鄙言(ひげん)》(1799)は日本南画を正当づけるため,中国南宗画・文人画の理論を独創的に解釈したものとして注目される。佐竹曙山の《画法綱領》(1778),司馬江漢の《西洋画談》(1799)は,西洋絵画の写実手法を実用性という観点から評価している。…

【桑山玉洲】より

…海運業を営む豪家桑山昌澄の子として生まれ,家業を継ぐが,やがて農業に転向,前半生は開墾事業に従事する。やがて画事に力を入れ,後半生においては《玉洲画趣》や《絵事鄙言(かいじひげん)》などすぐれた画論を著す一方,作画の面でも充実した時期を迎える。玉洲ははじめ沈南蘋の写生画風を独学で学んでいたが,後に池大雅にも師事し,大雅から後期文人画へと移行するいわば過渡的な存在といえる。…

※「《絵事鄙言》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《絵事鄙言》の関連キーワード桑山玉洲桑山玉州画論平夷

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android