コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Homo》 Homo

翻訳|Homo

世界大百科事典内の《Homo》の言及

【アイクシュテット】より

…第2次世界大戦後はマインツ大学に移り,48年にドイツ人類学会を創立した。また幅広い視野をもった自然人類学の専門誌《ホモHomo》を創刊し,今日の同誌の発展の基礎をきずいた。人間の形態,遺伝,生理,心理に関する研究の総合をめざし,ライフワークとして36年以来とりくんでいた大著《人間の研究》三部作は,二十数年の歳月をついやして63年に完成した。…

※「《Homo》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Homo》の関連キーワードデュボア(Marie Eugène François Thomas Dubois)イティネラリウム・メンティス・イン・デウムフロンティアオービタル理論アウストラロピテクス類人間は万物の尺度であるE. アイクシュテットパルーダン=ミュラーフロンティア軌道理論フロンティア電子理論エピタキシャル技術ホモ・サピエンスモジョケルト頭骨シャーフハウゼンハイデルベルク人アトラントロプスエッケホモ教会シナントロプスシュレンドルフテラントロプスホムンクルス

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android