コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

求電子反応 きゅうでんしはんのう electrophilic reaction

1件 の用語解説(求電子反応の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうでんしはんのう【求電子反応 electrophilic reaction】

イオン反応の一種。親電子反応カチオノイド反応cationoid reactionともいう。一般に陽イオン(水素イオンHやニトロニウムイオンNO2など)やルイス酸(塩化アルミニウムAlCl3やフッ化ホウ素BF3など)の求電子試薬が基質の不飽和結合非共有電子対を攻撃する段階が反応の中心となる。 求電子反応は,(1)試薬(の一部)が基質の一部と置換する求電子置換反応と,(2)試薬が基質の多重結合に付加する求電子付加反応に大別される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

求電子反応の関連キーワードカチオンミロン反応陽イオンヨウ素デンプン反応リーベルマン反応ワッセルマン反応金属イオン対イオンプラステイン反応連続反応の法則

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone