あまのじゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

あまのじゃく

天邪とも書く。九州ではアマンジャグメという。「瓜子姫」の昔話をはじめ多くの民間説話に出てくる嫌われ者。それぞれの類型にある共通点は,邪心をもち,物まねが上手で,他人の欠点に乗ずることを得意とするが,負けて滅びる者の一切の条件をそなえていることである。転じて現在一般には,人に逆らうばかりで素直でない者をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あまのじゃくの関連情報