コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天の邪鬼 アマノザコ

デジタル大辞泉の解説

あま‐の‐ざこ【天の鬼】

あまのじゃく」に同じ。〈日葡

あま‐の‐じゃく【天の邪鬼】

2が原義》
わざと人に逆らう言動をする人。つむじまがり。ひねくれ者。
民間説話に出てくる悪い鬼。物まねがうまく、他人の心を探るのに長じる。あまんじゃく。
毘沙門天(びしゃもんてん)の鎧(よろい)の腹の辺りにある鬼の面。また仏像で、仁王などの仏法守護神に踏みつけられている小鬼。

あま‐の‐じゃこ【天の邪鬼】

あまのじゃく」に同じ。
「―重きに耐へし我が身も音をこそ泣かめ人は恨みじ」〈仮・仁勢物語・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あまのじゃく【天の邪鬼】

が原義〕
人の言うことやすることにわざと逆らうひねくれ者。つむじまがり。あまのじゃこ。
昔話に悪者として登場する鬼。「瓜子姫」に出るものが有名。記紀神話の天探女あまのさぐめに由来するともいわれる。
仏像で四天王や仁王が踏みつけている小さな鬼。また、毘沙門天びしやもんてんが腹部に付けている鬼面。
鳥キタタキの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

天の邪鬼の関連キーワード民間説話記紀神話毘沙門天天探女物まね四天王瓜子姫原義鬼面悪者

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天の邪鬼の関連情報