天の邪鬼(読み)アマノジャク

デジタル大辞泉「天の邪鬼」の解説

あま‐の‐じゃく【天の邪鬼】

2原義
わざと人に逆らう言動をする人。つむじまがり。ひねくれ者。
民間説話に出てくる悪い鬼。物まねがうまく、他人の心を探るのに長じる。あまんじゃく。
毘沙門天びしゃもんてんよろいの腹の辺りにある鬼の面。また仏像で、仁王などの仏法守護神に踏みつけられている小鬼。
[類語]へそ曲がり偏屈気むずかしいつむじ曲がり捻くれ者拗ね者

あま‐の‐じゃこ【天の邪鬼】

あまのじゃく」に同じ。
「―重きへし我が身も音をこそ泣かめ人は恨みじ」〈仁勢物語・下〉

あま‐の‐ざこ【天の鬼】

あまのじゃく」に同じ。〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android