コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天の邪鬼 アマノザコ

4件 の用語解説(天の邪鬼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あま‐の‐ざこ【天の鬼】

あまのじゃく」に同じ。〈日葡

あま‐の‐じゃく【天の邪鬼】

2が原義》
わざと人に逆らう言動をする人。つむじまがり。ひねくれ者。
民間説話に出てくる悪い鬼。物まねがうまく、他人の心を探るのに長じる。あまんじゃく。
毘沙門天(びしゃもんてん)の鎧(よろい)の腹の辺りにある鬼の面。また仏像で、仁王などの仏法守護神に踏みつけられている小鬼。

あま‐の‐じゃこ【天の邪鬼】

あまのじゃく」に同じ。
「―重きに耐へし我が身も音をこそ泣かめ人は恨みじ」〈仮・仁勢物語・下〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あまのじゃく【天の邪鬼】

が原義〕
人の言うことやすることにわざと逆らうひねくれ者。つむじまがり。あまのじゃこ。
昔話に悪者として登場する鬼。「瓜子姫」に出るものが有名。記紀神話の天探女あまのさぐめに由来するともいわれる。
仏像で四天王や仁王が踏みつけている小さな鬼。また、毘沙門天びしやもんてんが腹部に付けている鬼面。
鳥キタタキの別名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天の邪鬼の関連キーワード金言耳に逆らう忠言耳に逆らう耳に逆らう態っと態とがましい態とめく態とらしい饗応天に順う者は存し天に逆らう者は亡ぶリバースパス

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天の邪鬼の関連情報