コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いさや イサヤ

デジタル大辞泉の解説

いさ‐や

《「や」は間投助詞》
[副]
さあどうだか。→いさ1
「―また変はるも知らず今こそは人の心をみてもならはめ」〈和泉式部集・下〉
さあどうだかわからない。→いさ2
「歌の道のみ、古(いにしへ)に変はらぬなどいふこともあれど、―」〈徒然・一四〉
[感]
明確に答えられないときなどに用いる語。さあ、どうだか。
「さてその文のことばはと問ひ給へば、―、ことなる事もなかりきや」〈・帚木〉
軽く否定するときなどに用いる語。いや。でも。
「―、ありもとぐまじう思ひにたる世の中に、心なげなるわざをやしおかむ」〈かげろふ・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いさや

〔「いさ」に間投助詞「や」の付いたもの〕
( 感 )
答えにくいことを問われた際に発する語。さあ、どうでしょうか。そうですねえ。 「御言の葉をだにとせめ給へば、-とうちなげきて入るに/堤中納言 逢坂
( 副 )
不審に思う気持ちを表す語。さあ、どうだか。 「歌の道のみ古へに変はらぬなどいふこともあれど、-/徒然 14

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

いさやの関連キーワードクレビヨン(Claudeエンドウマメ・グリーンピースインゲンマメ(隠元豆)鳥籠の山・鳥篭の山マイナス金利政策勝山(福岡県)法(社会規範)カウンセラー出雲醜大臣命文華秀麗集磁気双極子聞こえ合ふエンドウ市民記者泥鰌隠元イボクサ統制語彙生体情報凌雲集莢隠元

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android