コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いさ イサ

デジタル大辞泉の解説

いさ

[副]
(あとに「知らず」の意の語句を伴って)さあどうだか。
「人は―心も知らずふるさとは花ぞ昔の香に匂ひける」〈古今・春上〉
(「知らず」を含んだ意で用いる)さあどうだかわからない。
「人は―我はなき名の惜しければ昔も今も知らずとを言はむ」〈古今・恋三〉
(あとに打消しや逆接の語を伴って)どうも。どうせ。
「契りおく心の末はいさや川―頼まれぬ瀬々のあだ波」〈続後拾遺・恋二〉
[感]
明確に答えられない場合の応答に用いる語。さあ、どうだか。
「―、殿上などにやおはしますらむ」〈大和・一七一〉
軽く否定する場合の応答に用いる語。いや。でも。
「―、人の憎しと思ひたりしがまた憎くおぼえ侍りしかば、といらへ聞こゆ」〈・一四三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いさ

( 感 )
わからないことを尋ねられたり、答えをためらったりするときに発する語。さあ。さあねえ。 「とみにもいはず、-など、これかれ見あはせて/枕草子 131
( 副 )
(下に「知らず」を伴って)さあ、どうであろうか、わからない。 「人は-心も知らず/古今 春上」 → いさや
[句項目] いさとよ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

いさの関連キーワード長崎ウエスレヤン大学芳村伊十郎(初代)芳村伊十郎(4代)芳村伊十郎(2代)坂田仙四郎(2代)芳村伊十郎(5代)裁判官弾劾裁判所嵐徳三郎(初代)吉田冠二(3代)鯨魚・鯨・勇魚ミクロコスモス貞柳(3代)吉田陸奥大掾小魚・細小魚漁灯・漁燈佐々木宗六久保田米所貞佐(2)合原猪三郎中屋伊三郎

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いさの関連情報