いっこく堂(読み)いっこくどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

いっこく堂 いっこくどう

1963- 平成時代の腹話術師。
昭和38年5月27日生まれ。昭和61年劇団民芸に入団。平成4年劇団民芸を休団して腹話術をはじめる。破裂音発声,地声での喋りなどはこれまでの腹話術の常識をうちやぶる。アメリカなど海外公演も多い。12年文化庁芸術祭新人賞,ゴールデンアロー賞新人賞,浅草芸能大賞新人賞を受賞。沖縄県出身。北谷高卒。本名は玉城一石(たまき-いっこく)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

いっこく堂 (いっこくどう)

生年月日:1963年5月27日
昭和時代;平成時代の腹話術師;俳優

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いっこく堂の関連情報