いないだの仁右衛門(読み)いないだのにえもん

朝日日本歴史人物事典の解説

いないだの仁右衛門

没年:享保3.6.7(1718.7.4)
生年:生年不詳
江戸中期の備中国(岡山県)新本義民騒動の指導者。備中国岡田藩領下道郡新庄村(総社市)の農民。享保2(1717)年新庄村,本庄村の農民は,従来の入会山(共同体山)を藩有林とされたため,これに反対して立ち上がった。藩は農民たちの領内からの退去を命じたが,仁右衛門など4名は,惣代として江戸藩邸門前に直訴した(形態は門訴)。4人は逮捕され,国許に送られて,死罪となった。この犠牲により入会山は返還され,村民は4人を義民として祭り,義民祭が行われている。<参考文献>『岡山県史近世』Ⅱ

(三宅紹宣)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android