コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総社市 そうじゃ

2件 の用語解説(総社市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総社〔市〕
そうじゃ

岡山県南部,高梁川下流域にある市。 1954年総社町 (1896町制) が新本村,山田村,久代村,池田村,阿曾村,常盤村の6村と合体して市制。 1972年昭和町を編入。 2005年清音村,山手村と合体。古代吉備文化の中心地の一つで,8世紀に備中国府,国分寺が置かれ,備中総社の門前町として発展。市名もこれに由来。自動車の関連企業からなる水島機械金属工業団地があり,伝統工業として配置売薬の生産がある。阿曾は鋳物の産地として有名であった。市域の北部は吉備高原で,マツタケ,タバコを産する。丘陵地では,カキ,ブドウ,モモの栽培と養鶏が行なわれる。中・南部は岡山平野で,米,ムギ,野菜,果樹,イグサの産地。岡山市,倉敷市への通勤者が多く宅地化が進んでいる。槇谷川の豪渓は景勝地で国の名勝に指定されている。作山古墳第一古墳 (→総社古墳群 ) ,こうもり塚古墳,鬼城山,備中国分尼寺跡,備中国分寺跡,福山城跡などの国指定史跡,雪舟の修行で名高い宝福寺がある。市域のほとんどが吉備史跡県立自然公園吉備路風土記の丘県立自然公園に属する。備中神楽は国の重要無形民俗文化財。 JR伯備線,国道 180号線が通じ,1997年に岡山自動車道が開通,岡山総社インターチェンジが開設された。面積 211.9km2。人口 6万6855(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

総社市の関連キーワード劉邦高祖劉邦岡山(県)馬王堆漢墓農家柔道地方議員の年金北九州八幡東病院全国高校駅伝

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

総社市の関連情報