コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うつたえに ウツタエニ

デジタル大辞泉の解説

うつたえ‐に〔うつたへ‐〕

[副](多くあとに打消しや反語を伴って)いちずに。むやみに。
「―鳥は喫(は)まねど縄延(は)へて守(も)らまく欲しき梅の花かも」〈・一八五八〉
「―かうておはすらんと思ひよらんやは」〈浜松・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うつたえに

( 副 )
ある一つのことだけに向かうさまを表す語。多く下に打ち消しや反語の語を伴って用いる。いちずに。むやみに。 「 -まがきの姿見まく欲り行かむと言へや君を見にこそ/万葉集 778」 〔後世には「松が根を磯辺の波の-あらはれぬべき袖の上かな/新勅撰 恋一」のように肯定形と呼応する例もみられる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

うつたえにの関連キーワード反語

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android