コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おいとこ節 オイトコブシ

デジタル大辞泉の解説

おいとこ‐ぶし【おいとこ節】

宮城県の民謡。仙台市を中心に東北地方で歌われる座敷歌。幕末ごろ、千葉・茨城地方で歌われた「高砂(たかさご)そうだよ」や「白桝(しらます)粉屋」が広まったものという。囃子詞(はやしことば)「おいとこそうだよ」からの名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おいとこぶし【おいとこ節】

宮城県の民謡で、酒盛り唄。関東地方の小念仏踊り「白桝しらます粉屋」が、天保・弘化の頃、はやり唄「おいとこそうだよ」となって伝えられたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

おいとこ節の関連キーワードはやり唄酒盛り唄関東地方万作踊天保弘化

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android