おいとこ節(読み)オイトコブシ

デジタル大辞泉の解説

おいとこ‐ぶし【おいとこ節】

宮城県の民謡。仙台市を中心に東北地方で歌われる座敷歌。幕末ごろ、千葉・茨城地方で歌われた「高砂(たかさご)そうだよ」や「白桝(しらます)粉屋」が広まったものという。囃子詞(はやしことば)「おいとこそうだよ」からの名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おいとこぶし【おいとこ節】

宮城県の民謡で、酒盛り唄。関東地方の小念仏踊り「白桝しらます粉屋」が、天保・弘化の頃、はやり唄「おいとこそうだよ」となって伝えられたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おいとこ‐ぶし【おいとこ節】

〘名〙 民謡の一つ。上総国(千葉県)山武郡千代田村白升の粉屋の娘、お小夜のことを歌ったのがはじまり。天保一八三〇‐四四)の末、江戸にまで歌い伝えられ、その後流行唄として今もなお歌い続けられている。起句に「おいとこそうだよ」の語があるところからの名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おいとこ節の関連情報