おおけなし

精選版 日本国語大辞典「おおけなし」の解説

おおけ‐な・し おほけ‥

〘形ク〙 身分、地位、能力、年齢などから考えて、心・態度・ふるまいがふさわしくなく、出すぎているさまを表わす。
① 身のほど知らずである。分不相応である。あつかましい。無礼である。
蜻蛉(974頃)中「今日おもひいづれば、むかしも心のゆるぶやうにもなかりしかば、我心のおほけなきにこそありけれ」
※増鏡(1368‐76頃)二「信頼の衛門督(ゑもんのかみ)、おほけなく二条院をおびやかし奉りしも」
② 大胆である。不敵である。
今昔(1120頃か)二五「此男の唏(おほけな)く只一人して、然計(さばかり)眷属(くんぞく)(ひま)(な)(まぼ)る者を、心の如く罸(う)ち得るは」
③ おそれ多い。もったいない。
※雑俳・不断桜(1703)「忝けなき御ン寝覚や国栖
おおけな‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「おおけなし」の解説

おおけ‐な・し〔おほけ‐〕

[形ク]
態度・言動が、身分・能力・年齢などに比べ、出すぎているさま。身のほどをわきまえない。大胆である。大それている。
「いと―・き心の侍りけると、思しとがめさせ給はむを」〈かげろふ・下〉
おそれ多い。もったいない。
「腹なるちごは―・くも、琉球国王世子よつぎのみこと仰がれ」〈弓張月

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android