おおけなし

大辞林 第三版の解説

おおけなし

( 形ク )
身分・年齢・能力を超えているさまである。身のほど知らずだ。おそれ多い。だいそれている。 「我にならび給へるこそ、君は-・けれ/源氏 玉鬘

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおけ‐な・し〔おほけ‐〕

[形ク]
態度・言動が、身分・能力・年齢などに比べ、出すぎているさま。身のほどをわきまえない。大胆である。大それている。
「いと―・き心の侍りけると、思しとがめさせ給はむを」〈かげろふ・下〉
おそれ多い。もったいない。
「腹なる児(ちご)は―・くも、琉球国王の世子(よつぎのみこ)と仰がれ」〈読・弓張月

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android