コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おこづく おこづく

大辞林 第三版の解説

おこづく

( 動四 )
〔「おこつく」とも〕
ひくひくと動く。うごめく。 「鼻のわたり-・きて語りなす/源氏 帚木
調子づいてはね上がる。はずむ。 「大石はづんで二つ三つどうどうどうと-・きて/浄瑠璃・虎が磨」
ずきずき痛む。 「合戦の疵口-・き/浄瑠璃・千本桜」
力む。強がる。 「さは言へとちよつと-・く/歌舞伎・韓人漢文」
歌舞伎や舞踊で、つまずいてよろけたようなしぐさをする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

おこづくの関連キーワード歌舞伎浄瑠璃

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android