コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拍手 ハクシュ

5件 の用語解説(拍手の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はく‐しゅ【拍手】

[名](スル)手を打ち合わせて音を出すこと。神を拝んだり賞賛・賛成などの気持ちを表して、手をたたくこと。「拍手して賛意を表す」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はくしゅ【拍手】

一般に両手を打ち鳴らす拍手は,歓迎,共感・賛意・賞賛,誓約,歓喜・感激・感謝などの感情を表現する身体的動作で,手拍子(てびようし)も拍手の一種である。古代中国の《周礼》九拝の第四には〈振動〉といって両手を打つ礼があった。密教儀礼の壇上作法の一つである拍掌(びやくしよう)は,魔を除いて諸仏を歓喜せしめる意で,3度両手を打つ。最初の2度は軽く手を合わせるだけで,最後は音をだして打つ。3度打つのは修行のさまたげになる惑(わく)・業(ごう)・苦(く)の三障(さんしよう)を取り除くことを意味する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はくしゅ【拍手】

( 名 ) スル
両手を打ち合わせて、音をたてること。手を打ち合わせて、賞賛や賛成の気持ちを表すこと。 「 -を送る」 「 -して迎える」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

拍手
はくしゅ

手のひらを打ち合わせて音を出す行為。賛成や賞賛の意志表示の一種であるが、一般的には神拝に伴う場合をさす。神拝作法としての拍手は二拍とか四拍というように、対象や宗派によって独自に展開される。古くは朝儀や賜り物などの際にも行われた。今日でも食事時に行う人は少なくない。中世から柏手(かしわで)ともいうようになったが、語源については、宮中や寺院の食膳(しょくぜん)調理をつかさどった膳夫(かしわで)との混合とか、柏の葉を食器として使用したところからなどと諸説ある。昔話を語るときに一拍してから始めたと、語りの場の古態を伝える土地もある。[佐々木勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の拍手の言及

【柏手】より

…神を拝むとき,両掌を打ち合わせて音をたてる作法。単に拍手(はくしゆ)あるいは開手(ひらで)ともいう。拍手は元来歓喜,感動などの表示とされるが,度数や形式を定めて行うのは世界にも類例のない神拝作法であるという。…

【手打】より

…契約や和解の成立したしるしとして双方がそろって拍手(はくしゆ)すること。手締めともいう。…

※「拍手」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

拍手の関連情報