おしゃかこごり

デジタル大辞泉プラスの解説

山梨県の北部および南部地方に伝わる郷土菓子。「釈迦こごり」「釈迦っこごり」ともいう。4月8日の潅仏会(釈迦の誕生日;一部地域では月遅れの5月8日に祝われる)の際につくられる。釈迦の螺髪(らほつ)を模して、炒った大豆あられを混ぜ込みゴツゴツ感を出した小麦粉団子。「こごり」は“”を意味する方言類似菓子静岡にも見られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android