コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おとなの野球肩 おとなのやきゅうかた Baseball Shoulder

1件 の用語解説(おとなの野球肩の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

おとなのやきゅうかた【おとなの野球肩 Baseball Shoulder】

[どんな病気か]
 野球などで、投球動作をくり返して肩を使いすぎると、肩関節の内部や周囲の組織にさまざまな損傷をおこします。これがいわゆる野球肩です。
 損傷部位はいろいろで、腱板(けんばん)の上にある袋(滑液包(かつえきほう))に炎症がおこったり(肩峰下滑液包炎(けんぽうかかつえきほうえん))、腱板に損傷がおこったり、関節内の軟骨(関節唇(かんせつしん))が損傷したり骨からはがれたりします。
[症状]
 日常生活ではあまり問題はないのですが、ボールを投げる動作をすると、肩に瞬間的な痛みがおこります。
 この痛みは、ある1球の投球動作で感じ、その後の投球動作で痛みがともなう場合と、何球か投げているうちに少しずつ痛みが出てくる場合とがあります。
[検査と診断]
 原因として、さまざまな部位の損傷が考えられるので、経験のある整形外科医の診察や検査を受け、どの部位が損傷しているか診断をしぼりこんでもらう必要があります。
 確定診断は、関節鏡で関節内を見てつけますが、損傷部位がいくつもあることもあるので、痛みのおもな原因がどこかを予想しておく必要があります。
[治療]
 まず4~5日は投球を禁止し、安静にします。痛みが続くようなら、さらに安静期間を増やし、十分な理学療法ストレッチを行なって、肩関節周囲の筋力を回復させます。
 このような保存的治療を3~6か月行なっても症状が続くときは、関節鏡検査が必要になります。
 現在は、関節鏡を使って損傷した関節唇を削ったり、修復したりできるようになっています。
 しかし、野球肩は予防がもっともたいせつで、日ごろから腱板の機能を高める(肩をつくる)ため、筋力訓練とストレッチに努めるべきです。また、投球前のウオームアップや投球直後のアイシング、ストレッチは、炎症や損傷を慢性化させないためにも重要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

おとなの野球肩の関連キーワード球道好打投球何心地不死身プリマドンナボーク病は気からワインドアップ投球動作