コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関節鏡 かんせつきょうarthroscope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関節鏡
かんせつきょう
arthroscope

関節内腔,特に膝関節をのぞいて見るための内視鏡。通常,生理食塩水などを注入して関節腔をふくらませながら観察する。関節炎や関節結核,特に半月板損傷の診断に役立つ。最近は関節鏡を使いながら手術や生検も行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんせつきょう【関節鏡 arthroscope】

関節腔の内部を観察するための内視鏡の一種。関節鏡の研究は日本では1920年に高木憲次によって始められ,その後渡辺正毅らの努力によって世界に先駆けて実用的な関節鏡が開発された。関節鏡検査arthroscopyは,光源と鏡筒からなる細い筒を小さな皮膚の切開部から挿入し,関節腔内に生理食塩水を満たした状態にして内部をのぞいて行う。最近まではひざの関節に限って行われていたが,器械の進歩によってひじや肩,あるいは足などの小さな関節の内腔をものぞくことが可能になった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関節鏡
かんせつきょう

関節用の内視鏡で、関節内部を直視する方法として関節鏡検査が行われる。麻酔下に小切開部から細い筒(光源と鏡筒)を挿入し、生理食塩水を関節腔(くう)内に満たした状態で観察する。膝(しつ)関節に多用され、カラー写真の撮影も可能で、組織を切除することもできる。関節内の絨毛(じゅうもう)、血管、軟骨の状態がわかり、関節内損傷の有無、部位、程度などを確認できるし、関節炎症の鑑別などにも有力な検査方法である。
 なお、関節鏡の研究は世界に先駆けて日本で開発された。1918年(大正7)高木憲次(けんじ)(1888―1963)の創意により、膀胱(ぼうこう)鏡を改良した関節鏡の試作第1号がつくられ、1959年(昭和34)には渡辺正毅(まさき)らによって21号関節鏡が開発された。また、1970年に24号関節鏡が開発されて、膝関節のほか、ほとんどすべての関節が観察できるようになった。[永井 隆]
 近年では小型撮像素子(CCD)を組み込んだ関節鏡も使われている。半月板の部分切除などの簡単な手術だけでなく、十字靱帯(じんたい)の再建、肩関節の脱臼(だっきゅう)、関節唇損傷などの手術にも利用されている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の関節鏡の言及

【内視鏡】より

…胆道鏡choledochoscopeは,胆石の診断と,手術で取りきれなかった胆石の除去に用いられている。関節鏡arthroscopeは慢性関節炎の診断が主目的である。 副作用としては,麻酔剤によるショックと内視鏡による損傷が主である。…

【内視鏡】より

…胆道鏡choledochoscopeは,胆石の診断と,手術で取りきれなかった胆石の除去に用いられている。関節鏡arthroscopeは慢性関節炎の診断が主目的である。 副作用としては,麻酔剤によるショックと内視鏡による損傷が主である。…

※「関節鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

関節鏡の関連キーワード日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会肩関節周囲炎(四十肩/五十肩)十字靱帯損傷/側副靱帯損傷結核性関節炎(関節結核)関節遊離体(関節鼠)関節手術のいろいろ反復性肩関節脱臼おとなの野球肩変形性足関節症子どもの膝内障変形性膝関節症手根管症候群化膿性関節炎高木 憲次渡辺 正毅日帰り手術棚障害野球肩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関節鏡の関連情報