コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お久 おひさ

1件 の用語解説(お久の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お久 おひさ

1801-1873 江戸時代後期の女性。
享和元年生まれ。5歳で妓楼にうられ,のち伊勢(いせ)(三重県)古市の油屋にうられて売れっ子となる。25歳で身請けされ貸本屋をひらく。その後,金にこまっている伊勢神宮の河辺大宮司(だいぐうじ)家に妾としてはいりこむなど,上流社会への進出をはかった。晩年は自適の生活をおくった。明治6年死去。73歳。伊勢出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

お久の関連キーワード享和光の科学史辛酉教獄植崎九八郎歌川豊広神田厚丸喜多川歌麿桜川慈悲成昇亭北寿鳥文斎栄之

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

お久の関連情報