コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お久 おひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お久 おひさ

1801-1873 江戸時代後期の女性。
享和元年生まれ。5歳で妓楼にうられ,のち伊勢(いせ)(三重県)古市の油屋にうられて売れっ子となる。25歳で身請け貸本屋をひらく。その後,金にこまっている伊勢神宮の河辺大宮司(だいぐうじ)家に妾としてはいりこむなど,上流社会への進出をはかった。晩年は自適の生活をおくった。明治6年死去。73歳。伊勢出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

お久の関連キーワード客神(まろうどがみ)ブリヂストン美術館お梅の方(2)人情噺文七元結都市対抗野球真景累ヶ淵御座いやすあらまあ蓼喰ふ虫一条能保文七元結河内音頭お定の方百年目おひさ随念院あら馬方これまあ

お久の関連情報