コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お秀(読み)おひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お秀 おひで

?-1758 江戸時代中期の一揆(いっき)指導者。
阿波(あわ)(徳島県)美馬郡重清村の庄屋助役の娘。夫与右衛門は武士で寺子屋の師匠。宝暦8年組頭庄屋西岡重右衛門の不正枡(ます)などを追及した一揆がおこる。お秀は村の代表として徳島藩の家老賀島政美に訴状をだす。重右衛門は追放されたが,お秀は宝暦8年10月処刑された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android