コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お饗盛り おきょうもり

世界大百科事典 第2版の解説

おきょうもり【お饗盛り】

饗はもてなす酒食のことで,供物,神饌である。お饗盛りはその神饌を調理・調製し,盛り付けることである。それは聖なる行為であるため,熟饌の煮炊きの火も,新鮮な清らかな火が用いられる。その火は原初的な発火具である火鑽(ひきり)杵・火鑽臼によって特別におこされるのが普通である。調製する場所も特別に設けられた清浄な空間で,大社では神饌殿あるいは竈殿(へつついでん)と呼ばれる特別の建物で,町や村の氏神では宮座の頭屋や神主・宮守などの家を浄域とし,厳格なところでは調製の役以外の者はいっさい寄せつけない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone