コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お饗盛り おきょうもり

1件 の用語解説(お饗盛りの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おきょうもり【お饗盛り】

饗はもてなす酒食のことで,供物,神饌である。お饗盛りはその神饌を調理・調製し,盛り付けることである。それは聖なる行為であるため,熟饌の煮炊きの火も,新鮮な清らかな火が用いられる。その火は原初的な発火具である火鑽(ひきり)杵・火鑽臼によって特別におこされるのが普通である。調製する場所も特別に設けられた清浄な空間で,大社では神饌殿あるいは竈殿(へつついでん)と呼ばれる特別の建物で,町や村の氏神では宮座の頭屋や神主・宮守などの家を浄域とし,厳格なところでは調製の役以外の者はいっさい寄せつけない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

お饗盛りの関連キーワード神饌戴き立ち御呼ばれ迎賓鹿鳴もて成すもて悩むもて馴らす

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone