コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮守 みやもり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮守
みやもり

岩手県南東部,遠野市西部の旧村域。北上高地の南部にある。 1955年達曽部村,鱒沢村の2村と合体。 2005年遠野市と合体。地名は近世以来の村名を継承。中心地区の守は江戸時代から釜石街道の宿の要所であった。北上高地の丘陵地に位置し,山林原野が大部分を占め,木材,パルプなどを産出。減反政策と過疎化の進行に対し,農業の複合化と観光開発が進められている。ツツジの寺沢高原,鱒沢の簗漁 (→ ) ,稲荷穴洞穴などが知られ,湧水を利用したワサビ栽培が行なわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みや‐もり【宮守】

宮の番をすること。また、その人。神社番人

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮守
みやもり

岩手県南部、上閉伊(かみへい)郡にあった旧村名(宮守村(むら))。現在は遠野(とおの)市の西部を占める地域。1955年(昭和30)達曽部(たつそべ)、鱒沢(ますざわ)の2村を合併。2005年(平成17)遠野市に合併。北上(きたかみ)高地に位置し旧村域の80%が山林原野。猿ヶ石(さるがいし)川、宮守川、達曽部川沿いにわずかに耕地が開ける。水耕、畑作のほか松用材、パルプ、薪炭(しんたん)を産出し、タバコやホップの栽培、酪農も行われる。赤沢(あかさわ)高原はツツジの名所。江戸時代から盛岡城下と陸中海岸を結ぶ交通の要地で、現在もJR釜石(かまいし)線、国道107号(盛(さかり)街道)、283号(釜石街道)、396号(遠野街道)が通じる。[金野一]
『『宮守村誌』(1977・宮守村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

宮守の関連キーワード輪王寺宮天真法親王遠野宮守のわさび無沙汰・不沙汰味噌ラーメン岩手県遠野市イ・パンジャ梨本 伊都子橘奈良麻呂東久邇稔彦宮守[村]遠野(市)鍋島 栄子石川宮麻呂梨本伊都子日光奉行日置帯刀楽亭西馬殷富門院東一条院春日竜神

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮守の関連情報