宮守(読み)みやもり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮守
みやもり

岩手県南東部,遠野市西部の旧村域。北上高地の南部にある。 1955年達曽部村,鱒沢村の2村と合体。 2005年遠野市と合体。地名は近世以来の村名を継承。中心地区の守は江戸時代から釜石街道の宿の要所であった。北上高地の丘陵地に位置し,山林原野が大部分を占め,木材,パルプなどを産出。減反政策と過疎化の進行に対し,農業の複合化と観光開発が進められている。ツツジの寺沢高原,鱒沢の簗漁 (→ ) ,稲荷穴洞穴などが知られ,湧水を利用したワサビ栽培が行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮守
みやもり

岩手県南部、上閉伊(かみへい)郡にあった旧村名(宮守村(むら))。現在は遠野(とおの)市の西部を占める地域。1955年(昭和30)達曽部(たつそべ)、鱒沢(ますざわ)の2村を合併。2005年(平成17)遠野市に合併。北上(きたかみ)高地に位置し旧村域の80%が山林原野。猿ヶ石(さるがいし)川、宮守川、達曽部川沿いにわずかに耕地が開ける。水耕、畑作のほか松用材、パルプ、薪炭(しんたん)を産出し、タバコやホップの栽培、酪農も行われる。赤沢(あかさわ)高原はツツジの名所。江戸時代から盛岡城下と陸中海岸を結ぶ交通の要地で、現在もJR釜石(かまいし)線、国道107号(盛(さかり)街道)、283号(釜石街道)、396号(遠野街道)が通じる。[金野一]
『『宮守村誌』(1977・宮守村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮守の関連情報