コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮守 みやもり

3件 の用語解説(宮守の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮守
みやもり

岩手県南東部,遠野市西部の旧村域。北上高地の南部にある。 1955年達曽部村,鱒沢村の2村と合体。 2005年遠野市と合体。地名は近世以来の村名を継承。中心地区の宮守は江戸時代から釜石街道の宿の要所であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みや‐もり【宮守】

宮の番をすること。また、その人。神社の番人。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮守
みやもり

岩手県南部、上閉伊(かみへい)郡にあった旧村名(宮守村(むら))。現在は遠野(とおの)市の西部を占める地域。1955年(昭和30)達曽部(たつそべ)、鱒沢(ますざわ)の2村を合併。2005年(平成17)遠野市に合併。北上(きたかみ)高地に位置し旧村域の80%が山林原野。猿ヶ石(さるがいし)川、宮守川、達曽部川沿いにわずかに耕地が開ける。水耕、畑作のほか松用材、パルプ、薪炭(しんたん)を産出し、タバコやホップの栽培、酪農も行われる。赤沢(あかさわ)高原はツツジの名所。江戸時代から盛岡城下と陸中海岸を結ぶ交通の要地で、現在もJR釜石(かまいし)線、国道107号(盛(さかり)街道)、283号(釜石街道)、396号(遠野街道)が通じる。[金野一]
『『宮守村誌』(1977・宮守村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮守の関連キーワード岩手県遠野市小友町岩手県遠野市穀町岩手県遠野市材木町岩手県遠野市下組町岩手県遠野市新穀町岩手県遠野市新町岩手県遠野市中央通り岩手県遠野市岩手県遠野市遠野町岩手県遠野市東舘町

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮守の関連情報