コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かきチシャ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

かきチシャ[葉茎菜類]
かきちしゃ

中国地方、山口県の地域ブランド。
主に下関市で生産されている。キク科でレタスの仲間。チシャとは乳草の意で、掻きちぎったときに乳状の液が出てくることからかきチシャと呼ばれる。原産は中国と推測され、日本へは奈良時代に伝わったとされている。しゃきっとした歯ごたえがあり、ほろ苦い。古くから山口県では馴染み深い野菜であった。しかし、1980年代後半にサニーレタスの出現によって栽培が激減、入手困難となった。近年、下関市で栽培と出荷が再開された。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

かきチシャの関連キーワード山口県下関市中国地方

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android