コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かさ枯病(ブロムグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

かさ枯病(ブロムグラス)

温暖地での発生が多い葉枯性のバクテリア病。葉では初め水浸状の斑点が現れるが、後にチョコレ-ト色の楕円形紡錘形または不定形病斑となり、病斑周囲は 黄色いハロー(かさ)で囲まれる特徴がある。病勢が進むと病斑が縦に伸び条状になり、最終的には枝梗や種子も侵されることがある。病原菌ライグラスかさ 枯病菌と同種である。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

かさ枯病(ブロムグラス)の関連キーワードかさ枯病(ライグラス)かさ枯病(フェスク)

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android