コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かさ枯病(ライムギ)

飼料作物病害図鑑の解説

かさ枯病(ライムギ)

茨城県で最近発生が確認された細菌病。葉に灰褐色から黄褐色、楕円形の病斑を形成し、病斑の中心部は壊死し、周縁部は黄化・退緑して「かさ枯れ」となる。病斑の大きさは「かさ枯れ」部分を含めて、長さ5〜20mm、幅2〜5mm程度となる。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

かさ枯病(ライムギ)の関連キーワードかさ枯病(ライグラス)かさ枯病(フェスク)

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android