かさ枯病(ライムギ)

飼料作物病害図鑑の解説

かさ枯病(ライムギ)

茨城県で最近発生が確認された細菌病。葉に灰褐色から黄褐色、楕円形の病斑を形成し、病斑の中心部は壊死し、周縁部は黄化・退緑して「かさ枯れ」となる。病斑の大きさは「かさ枯れ」部分を含めて、長さ5〜20mm、幅2〜5mm程度となる。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android