かせどり(読み)カセドリ

大辞林 第三版の解説

かせどり

(主に東北・九州地方で)小正月に子供や若者が家々を巡って、祝言を述べ祝儀をもらう行事。また、巡り歩く者。かせぎどり。 → 小正月の訪問者

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

かせどり
かせどり

小正月(1月14~16日)の呪的(じゅてき)訪問者。「なまはげ」「ほとほと」など一連の行事を、東北地方と九州南部でこうよぶ。小正月の夜、藁(わら)の腰巻や蓑(みの)を着て変装した男たちが、ざるなどを持って家々を回って米や餅(もち)や銭の祝儀をもらい歩く。村の青少年の場合と、よそからくる物もらいの場合と、厄年の者が厄払いの目的でする場合とがある。「かせどり」というのは、農作業の名称からきた語と思われるが、稼ぎ鶏(どり)または稼ぎ取りの意と解する者も多く、家々の軒下でニワトリの鳴きまねをしたり、集団同士で、もらった餅を取り合う所もあった。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かせ‐どり

〘名〙 (「かせとり」とも) 小正月の夜、若者たちが鶏の鳴き声をして各家をたずね歩き、餠や銭をもらう行事。かせぎどり。ほとほと。なまはげ。《・新年》
※諸国風俗問状答(19C前)陸奥国信夫郡伊達郡風俗問状答「家毎に歩行ば、家々よりもち・だんごをくれる。夫をくゑば、農やみとて五月の比わづらふを、かならず煩はぬと云ふ。をかせどりと云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かせどりの関連情報