コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なまはげ なまはげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

なまはげ

秋田県男鹿市潟上市などで大みそかの晩に行なわれている,なまはげと呼ばれるが家々を訪ねて回る行事。1964年からは,男鹿市の真山神社(しんざんじんじゃ)で 2月13~15日(今日では 2月第2金曜日~日曜日)になまはげ柴灯祭り(せどまつり)も行なわれているが,本来は小正月(1月14日または 15日)の晩の行事。最も知られている男鹿市の例では,大みそかの晩,神籤(みくじ)で選ばれた若者が,赤鬼・青鬼の面を着け,藁蓑に藁靴姿で,手には木製の包丁と手桶を持って家々を回る。家々では主人が正装して迎え,家の中に入ったなまはげは,大きな音や声で子供や初嫁たちをおどし戒めるとともに,餅や酒,ごちそうのもてなしを受ける。なまはげの名は,いろり端に座ってばかりいるとできるナモミという皮膚の赤みをはぐ「ナモミ剥ぎ」からきているといわれ,怠け心とそれに象徴される悪疫をはらう意味がある。1978年に「男鹿のナマハゲ」として重要無形民俗文化財に指定された。同様の行事は,山形県のアマハゲ,石川県能登半島のアマメハギなど,東北地方から北陸地方にかけて分布している。また,鹿児島県甑島列島(→下甑)でも,大みそかの晩に,鬼が家々を訪れて子供を戒めるとともに餅を授けるトシドンの行事がある。(→小正月の訪問者

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

なまはげ

秋田県男鹿半島の各地で12月31日(もとは旧正月15日)の夜行われる行事。大きな包丁を下げた鬼が家々を訪れ,なまけ者をこらしめる。大声で子どもをおどすが,家の主人は正装して迎え,酒食などのもてなしをする。
→関連項目秋田[県]男鹿[市]小正月

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

なまはげ

レベルファイブによるゲームソフト、またそこから派生したテレビアニメや玩具のシリーズ『妖怪ウォッチ』に登場する妖怪。イサマシ族、サイズ173センチ。必殺技は「悪い子イネガー」。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

なまはげ
なまはげ

秋田県男鹿(おが)半島の村々の小(こ)正月行事。国の重要無形民俗文化財。仮装した若者が旧暦1月15日の満月の光を浴びて、雪を踏んで家々を訪れた。第二次世界大戦中は中止されたが復活し、観光行事として著名になった。大晦日(おおみそか)の晩や新暦1月15日に行うものが多くなった。ざるでつくった鬼面をかぶり、腰蓑(こしみの)風のものを巻き付け、大きな藁沓(わらぐつ)を履いて鬼に仮装し、木製の包丁、金棒、鍬(くわ)を持ったり、箱の中に小さな物を入れてからから鳴らしながら家々を訪れる。鬼の数は村によって違うが、夫婦二匹、子鬼が入って三匹、青鬼夫婦を加えて五匹の例もある。なまはげが入口で「うおーうおー」と奇声をあげると、家の主人は羽織袴(はかま)で迎え入れ、酒や餅(もち)でもてなす。その間なまはげは、泣く子はいないか、親の言いつけを守らぬ子はいないか、怠け者はいないか、などとわめき散らし、子供を震え上がらせる。親が子供にかわって謝ってやったりする。なまはげが小正月に訪れ来ること、仮面や蓑をつけた神人の姿をとっていること、家に入ってまず神棚を拝み足を踏み鳴らすこと、家の主人が正装で迎えてもてなすことなどをみても、単なる即興的な行事でないことは明らかである。同類の行事は青森県から沖縄に至る各地にあって、年の境に遠来の神が人間に祝福を与えるために来臨する形を示すものである。ただ多くの地方では祝福のことばと引き換えに、餅や銭をもらい歩く物もらいのような形に零落した例が多いだけである。なまはげの呼称については、青森県でシカタハギ、岩手県でナモミタクリ、ヒカタタクリ、ナゴミタクリ、スネカタクリ、ヒガタタクリ、秋田県でヒガタタクリ、ナモミハギ、ナマハギ、石川県でアマミハギ、アマメハギなどという。炉端で火にあたってばかりいるとできる皮膚の火斑(ひだこ)をナモミ、アマメなどとよんだもので、怠け者を戒めるために鬼がくるのだと説明している。西のほうではホトホト、コトコトなど訪問の物音をこの行事の名称にしたものが多い。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

なまはげの関連キーワード秋田県男鹿市船川港本山門前なまはげオートキャンプ場なもみ剥ぎ・なもみ剝ぎ秋田県男鹿市北浦北浦秋田県男鹿市北浦真山東北合神ミライガーレベルファイブ秋田県男鹿市男鹿国定公園超神ネイガー湯ノ田温泉男鹿(市)まれびと火斑剥ぎかせどり館岡栗山ハギーナミー秋田県来訪神

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なまはげの関連情報