コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼻緒 はなお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鼻緒
はなお

下駄草履の着用装置。前と横緒から成る。もと前緒をさす名称であったが,のち緒全体をもいうようになった。前壺と両横の3点によって台部に取付けられるが,草履では台部の芯緒をそのまま前緒に利用するものや,芯緒に横緒を掛けたりするものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はな‐お〔‐を〕【鼻緒/花緒】

下駄・草履などの履物の緒の、足の指ではさむ部分。また、履物の緒の全体。「―をすげる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はなお【鼻緒】

下駄や草履の台部につけて足にかけるひも(緒)のこと。1本の緒の両端を台部の両横の穴に通してとめ(横緒),中央をつま先(はな)の穴(前壺)に別の緒(前緒)でとめる。本来はこの前緒のことをいったが,江戸時代末ごろから前緒と横緒を一緒にしたものが売り出されて,全体を鼻緒(花緒)と総称するようになった。古代から平安時代末ごろまでの下駄や,今日の東南アジアの稲作民のはく下駄は前壺が親指寄りにかたよっており,1本のひもを三つの穴に通していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はなお【鼻緒】

下駄や草履などの緒の、足の指ではさむ部分。また、緒全体をもいう。 「 -をすげる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鼻緒
はなお

草履(ぞうり)、下駄(げた)などの履き物に用いられる緒。わが国の古墳時代の遺物に「屐(げき)」といわれる三つ穴のあいた下駄がある。その屐にどんな緒がすげられたかはっきりとしないが、これが鼻緒のある履き物であったことには間違いがない。平安時代末期の『扇面古写経』(大阪・四天王寺蔵)の下絵に描かれた下駄は、鼻緒のある下駄の最古のものであろう。鎌倉時代になると、尻切(しきれ)、緒太(おぶと)という草履が男女に用いられているが、この鼻緒は現代のサンダル式のために横一文字にすげられている。緒は太いのが特色で、緒太草履の名称の起源を察することができる。江戸時代には履き物の発達に伴って、鼻緒は藁(わら)や藺草(いぐさ)を縄にない、あるいは竹の皮緒をバラ緒といって用いた。また、上方(かみがた)では革の塗り緒、なめし革緒、遊女は色糸の組み緒、またしゃれた婦女は縮緬(ちりめん)、ビロードなどで緒をつくったものを用い、とくにビロードの黒緒を八幡黒(やわたぐろ)といった。文化・文政(1804~30)のころになると、一本緒のほかに、二本緒、三本緒、五本緒と、細い緒を何本も組み合わせてつくったものも用いられた。天保(てんぽう)の改革(1841~43)の際のぜいたく禁止令で、ビロードが禁止されると、輪奈天(わなてん)といわれるものがくふうされた。現在では塩瀬、風通(ふうつう)、別珍、ワニ・トカゲの革など、いろいろのものが用いられている。[遠藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

鼻緒[繊維・刺繍]
はなお

近畿地方、滋賀県の地域ブランド
長浜市で製作されている。江戸時代中期、ビロードを使った鼻緒の生産が始められた。全国の生産量の大半を占めている。滋賀県伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

世界大百科事典内の鼻緒の言及

【下駄】より

…歯のある台木に鼻緒や端棒(はなぼう)をつけたはきもの(イラスト)。弥生時代後期の登呂遺跡から下駄状の木製品が出土しているが,芦刈りや稲の穂摘みにはいた田下駄であろう。…

※「鼻緒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鼻緒の関連キーワード踏み切る・踏切るわらじ(草鞋)八葉の蓮華比丘尼雪駄挿げ替える近畿地方鯔背足駄草履下駄下駄直しじょじょ露地下駄二つ繰り貧乏鼻緒鼻緒擦れ特牛草履藤倉草履履物屋横鼻緒切らす東洋織

鼻緒の関連情報