コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深田 ふかだ

8件 の用語解説(深田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

深田
ふかだ

熊本県南部,人吉盆地の東部にある地域。旧村名。 2003年上村,免田町,岡原村,須恵村と合併し,あさぎり町となった。米,メロン,チャ (茶) ,タバコなどの栽培と和牛の飼育,北部は山地で林業が行なわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふか‐だ【深田】

《「ふかた」とも》どろの深い田。沼田。ふけ。ふけた。⇔浅田

ふかだ【深田】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「深田」姓の人物
深田久弥(ふかだきゅうや)
深田祐介(ふかだゆうすけ)

ふけ‐た【深田】

ふかだ」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふかだ【深田】

泥深い田。沼田。ふけだ。 ↔ 浅田 「お延は路を誤まつて一歩-の中へ踏み込んだやうな気がした/明暗 漱石

ふかだ【深田】

姓氏の一。

ふけだ【深田】

〔「ふけた」とも〕
ふかだ(深田) 」に同じ。 「西は-にて/太平記 2

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

深田
ふかだ

熊本県南東部、球磨(くま)郡にあった旧村名(深田村(むら))。現在は球磨郡あさぎり町の一地区。2003年(平成15)免田(めんだ)町、上(うえ)村、岡原(おかはる)村、須恵(すえ)村と合併し、あさぎり町となる。深田の地名はあさぎり町内の旧深田村区域に残る。旧深田村地区は、区域の大半が人吉(ひとよし)盆地に属し、阿蘇(あそ)溶結凝灰岩からなる起伏に富む丘陵地である。南端部に球磨川が流れており、その両岸域に、米、イグサ、イチゴ、メロン、葉タバコ、キク栽培に、肉用牛飼育を加味した複合経営に特色を示す農業が展開している。メロンは球磨メロンとして知られる。国道、鉄道は存在しないものの、人吉―水上(みずかみ)、免田(めんだ)―相良(さがら)両線の県道のほか町道も縦横に走っているため、農村地域工業導入計画もかなりの成果をあげ、人口流出の歯止めになっている。[山口守人]
『『深田村誌』(1994・深田村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

深田の関連キーワード意義深い板舟考え深い慈悲深い泥沼泥田泥深い根深い深い沼田場

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

深田の関連情報