抑制遺伝子(読み)よくせいいでんし

百科事典マイペディアの解説

抑制遺伝子【よくせいいでんし】

サプレッサー遺伝子とも。突然変異遺伝子の作用をおさえて,正常な表現型にする遺伝子。機能的サプレッサーと情報的サプレッサーに大別され,前者は突然変異によって失われた機能を代行し,後者はメッセンジャーRNA(mRNA)上でのコドンの翻訳に作用して突然変異遺伝子の発現を抑制する。情報的サプレッサーの本体は多くの場合,転移RNA(tRNA)の突然変異体である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抑制遺伝子の関連情報