きらら

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

きらら

山形の粕取り焼酎。酒名は、厳寒期のつららや凍結した空気中の水分が光る様子をイメージして命名。単式蒸留器を用いて蒸留し、木樽で熟成させる。原料清酒粕。アルコール度数25%。蔵元の「小屋酒造」は文禄2年(1593)創業。清酒「花羽陽」「」の醸造元。所在地は最上郡大蔵村大字清水。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

世界大百科事典内のきららの言及

【雲母】より

…うんぼ,マイカmicaともいい,俗に“きらら”ともいう。層状のケイ酸塩鉱物のうち主要なもので,平らに薄くはがすことのできる鉱物。…

※「きらら」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

きららの関連情報