ぎば(読み)ギバ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎば

〘名〙 歌舞伎の立回りの技巧の一つ。投げられたり蹴られたりした時に、とび上がって尻もちをつく型で、両足は開いて前に投げ出す。腹ぎば、胸ぎば、背ぎば、横ぎばなどがある。また、人形浄瑠璃でも尻もちをつく動作をいう。「義経千本桜」三段目椎の木の段の「台座の別」における権太など。
※浄瑠璃・傾城阿波の鳴門(1768)一「投げられさんした其のぎばの甘(うま)さ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報