ぎば(読み)ギバ

大辞林 第三版の解説

ぎば

歌舞伎などの立ち回りで、投げられたとき、尻もちをつき両足を前へ広げて投げ出す所作。 〔普通「ギバ」と片仮名で書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎば

〘名〙 歌舞伎の立回りの技巧の一つ。投げられたり蹴られたりした時に、とび上がって尻もちをつく型で、両足は開いて前に投げ出す。腹ぎば、胸ぎば、背ぎば、横ぎばなどがある。また、人形浄瑠璃でも尻もちをつく動作をいう。「義経千本桜」三段目椎の木の段の「台座の別」における権太など。
※浄瑠璃・傾城阿波の鳴門(1768)一「投げられさんした其のぎばの甘(うま)さ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android