コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぐりはま グリハマ

デジタル大辞泉の解説

ぐり‐はま

《「はまぐり」の「はま」と「ぐり」を逆さにした語》物事の手順、結果が食い違うこと。ぐれはま。「何もかもぐりはまになる」
「おめえ達の奇談は、いつでも―、とんちんかんだから」〈魯文西洋道中膝栗毛

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐりはま

〔「はまぐり」の「はま」と「ぐり」を逆にした俗語。室町時代頃からあった〕
物事がくいちがうこと。あてがはずれること。 「何をやっても-になる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ぐりはまの関連キーワード逆さ言葉有川湾芋の山俗語ぐれあて

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android