コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こいこい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

こいこい

2人で行う花札遊びの1種。まず親が手札各8枚,場札8枚を配り,残りを山札として積んでおく。手札および山札と場札を合せて役 (たとえば猪鹿蝶やカス札 10枚など) を作った場合に得点となる。このときゲームを止めて得点とするか,さらに「こい」を宣言してゲームを続けてもよい。ただし,「こい」のあとに得点できないときは,それまでの点は無効となり,相手が先に役をつくった場合は相手の得点となる。このようにして,ゲームを続け,合計点数の多い者が勝ちとなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こい‐こい

花札の遊びの一。二人で行う。役のできた側が勝負を打ち切らないで、さらに大きい役をめざすときには「来い」と言って勝負を続ける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のこいこいの言及

【花札】より

…一般にゲームの便宜上,札の裏が黒いもの(黒裏)と,茶色のもの(赤裏)と2種類作られており,これらが一対として販売されることもある。おもな遊び方には〈八八(はちはち)〉〈馬鹿花(ばかつぱな)〉〈こいこい〉などがあり,地方的な特色も加わるとその種類はおびただしい数となるが,基本はだいたい下記のとおりである。通常3人で行うが,2人で行う場合もある。…

※「こいこい」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

こいこいの関連キーワード豊年こいこい節

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こいこいの関連情報