コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 こ Hu

7件 の用語解説(胡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説



Hu

中国人が,初め北方の,のちに西方の異民族を呼んだ語。中国の戦国時代には長城地帯の異民族を,漢代には主として匈奴をさしたが,南北朝時代以後はおもに西トルキスタンのイラン系民族,特にソグド人を意味した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

う【胡】[漢字項目]

こ【×胡】

古代中国で、北方・西方の異民族の称。代には匈奴(きょうど)をさした。→五胡

こ【胡】[漢字項目]

人名用漢字] [音]コ(漢) ゴ(呉) ウ(唐) [訓]えびす
〈コ・ゴ〉
中国で、北方または西方の異民族。えびす。「胡人胡地胡馬五胡
外国産の。「胡椒(こしょう)胡麻(ごま)
(「蝴(こ)」と通用)「胡蝶」は昆虫の名。チョウ
〈ウ〉いいかげんな。「胡散(うさん)胡乱(うろん)
[難読]胡坐(あぐら)胡瓜(きゅうり)胡頽子(ぐみ)胡桃(くるみ)胡蝶花(しゃが)胡簶(やなぐい)

ご【胡】[漢字項目]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こ【胡】

中国で、漢以前には北方の匈奴きようどの称。のちには西域民族の総称。えびす。 → 五胡ごこ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


中国人が北方、西方の異民族をよんだ語。戦国時代には内モンゴルに居住した異民族をさした。秦(しん)・漢(かん)時代には、主として匈奴(きょうど)を示すようになったが、パミール以西のイラン系の民族、とくにソグド人も胡とよばれ、魏晋(ぎしん)南北朝時代以後はもっぱらソグド人の意味に用いられた。また、胡桃(くるみ)、胡麻(ごま)などのことばは、これらがトルキスタンから中国へもたらされたことを示している。[護 雅夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【胡人】より

…中国,秦・漢ではもっぱら匈奴をさし,シルクロードの往来が盛んになると西域の諸民族を西胡または単に胡と呼び,唐では広く塞外民族をあらわす一方で,特に多くイラン人をさした。深目高鼻・青眼多鬚(たしゆ)の胡賈(こか)・胡商は西方の文物や慣習をもたらして中国文化の世界化に多大の役割をはたし,それは日本にも及んだ。…

※「胡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

胡の関連キーワード

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

胡の関連情報