コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Hu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説



Hu

中国人が,初め北方の,のちに西方の異民族を呼んだ語。中国の戦国時代には長城地帯の異民族を,漢代には主として匈奴をさしたが,南北朝時代以後はおもに西トルキスタンのイラン系民族,特にソグド人を意味した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

う【胡】[漢字項目]

こ【×胡】

古代中国で、北方・西方の異民族の称。代には匈奴(きょうど)をさした。→五胡

こ【胡】[漢字項目]

人名用漢字] [音]コ(漢) ゴ(呉) ウ(唐) [訓]えびす
〈コ・ゴ〉
中国で、北方または西方の異民族。えびす。「胡人胡地胡馬五胡
外国産の。「胡椒(こしょう)胡麻(ごま)
(「蝴(こ)」と通用)「胡蝶」は昆虫の名。チョウ。
〈ウ〉いいかげんな。「胡散(うさん)胡乱(うろん)
[難読]胡坐(あぐら)胡瓜(きゅうり)胡頽子(ぐみ)胡桃(くるみ)胡蝶花(しゃが)胡簶(やなぐい)

ご【胡】[漢字項目]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こ【胡】

中国で、漢以前には北方の匈奴きようどの称。のちには西域民族の総称。えびす。 → 五胡ごこ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


中国人が北方、西方の異民族をよんだ語。戦国時代には内モンゴルに居住した異民族をさした。秦(しん)・漢(かん)時代には、主として匈奴(きょうど)を示すようになったが、パミール以西のイラン系の民族、とくにソグド人も胡とよばれ、魏晋(ぎしん)南北朝時代以後はもっぱらソグド人の意味に用いられた。また、胡桃(くるみ)、胡麻(ごま)などのことばは、これらがトルキスタンから中国へもたらされたことを示している。[護 雅夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【胡人】より

…中国,秦・漢ではもっぱら匈奴をさし,シルクロードの往来が盛んになると西域の諸民族を西胡または単に胡と呼び,唐では広く塞外民族をあらわす一方で,特に多くイラン人をさした。深目高鼻・青眼多鬚(たしゆ)の胡賈(こか)・胡商は西方の文物や慣習をもたらして中国文化の世界化に多大の役割をはたし,それは日本にも及んだ。…

※「胡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

胡の関連キーワードダン・ニー(弾二)スーフー(四胡)夏(五胡十六国)アルフー(二胡)ジンフー(京胡)胡適(こせき)スワンカローク胡馬北風に依るフゥアンガンフーチンタオフーフォンフー・シー漢(前趙)漢(成漢)フゥシェン紫羅欄花蕃族図柴胡湯ソグド後趙

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胡の関連情報