コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こぎん刺し(読み)こぎんざし

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

こぎん刺し[繊維・刺繍]
こぎんざし

東北地方、青森県の地域ブランド。
青森市・弘前市で製作されている。農家の野良着の麻布を木綿糸で刺して補強し、こぎん模様がほどこされたもの。津軽藩は農民の衣服を紺の麻に制限していたため、着物の保温と補強を目的に木綿糸で刺子がほどこされた。幾何学的に模様が刺繍され、曲線は使用しない。東こぎん・西こぎん・三縞こぎんの3種類に分けられる。青森県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

世界大百科事典内のこぎん刺しの言及

【小衣(小巾)】より

…古くから用いられていた。青森県では,麻地に刺子をほどこした刺しこぎん(こぎん刺しともいう)が〈津軽こぎん〉として知られている。秋田県では〈こぎん〉〈こんぎ〉といい,古くは紺麻地の野良着のことをいった。…

※「こぎん刺し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こぎん刺しの関連情報