こぞ

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐ぞ

〘名〙
昨年去年。《季・新年》
※書紀(720)皇極元年二月(岩崎本室町時代訓)「去年(コソ)の十一月に大(たい)佐平智積(ちしゅく)(みまか)りぬ」
※古今(905‐914)春上・一「年の内に春は来にけり一年(ひととせ)をこぞとやいはんことしとやいはん〈在原元方〉」
② 昨夜。ゆうべ。きそ。一説に、今夜。
※古事記(712)下・歌謡「下泣きに 我が泣く妻を 許存(コゾ)こそは 安く肌触れ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こぞの関連情報