この生命(いのち)誰のもの

デジタル大辞泉プラスの解説

この生命(いのち)誰のもの

1978年初演のブライアン・クラークによる戯曲。原題《Whose Life Is It Anyway?》。尊厳死を題材とする作品。日本では1979年に劇団四季により初演された。1978年に第3回ローレンス・オリヴィエ賞(新作演劇賞)を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android