コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

この生命(いのち)誰のもの

デジタル大辞泉プラスの解説

この生命(いのち)誰のもの

1978年初演のブライアン・クラークによる戯曲。原題《Whose Life Is It Anyway?》。尊厳死を題材とする作品。日本では1979年に劇団四季により初演された。1978年に第3回ローレンス・オリヴィエ賞(新作演劇賞)を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

この生命(いのち)誰のものの関連キーワードジャネット アイルバージーン マーシュ藤野 節子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android