コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ごりごり ゴリゴリ

デジタル大辞泉の解説

ごり‐ごり

[副](スル)
かたい物をかじったときの歯ごたえのあるさま。また、そのときの音を表す語。「ネズミが壁をごりごりかじる」
力を入れて激しくこするさま。「鍋をたわしでごりごりこする」
厚い服地などのかたくてごわごわしたさま。「ごりごりした兵児帯(へこおび)」
強引に事を行うさま。「ごりごりとむかっていく棋風」
[形動]
かんだときにかたく感じるさま。「ごりごりな里芋」
凝り固まってかたくななさま。
「あの女は憎みたいほど冷たいクリスチャンの―です」〈阿部知二・冬の宿〉
[アクセント]リゴリ、はゴリゴリ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごりごり

[1] ( 副 ) スル
かたい物がこすれるさま。また、かたい物がこすれ合って立てる音を表す語。 「ひざで-(と)押す」 「豆を-(と)碾く」
かたくてでこぼこしているさま。 「 -した背骨」
力まかせに事を行うさま。強引に押し通すさま。 「力で-押しまくる棋風」
[0] ( 形動 )
歯が立たないほどかたいさま。 「 -の里芋」 「まだ生で-だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ごりごりの関連キーワードアクセントほとほとたわし兵児帯棋風

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ごりごりの関連情報