ごりごり(読み)ゴリゴリ

精選版 日本国語大辞典 「ごりごり」の意味・読み・例文・類語

ごり‐ごり

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 「こりこり(一)①」のやや強い音。
② 「こりこり(一)②」のやや強い音、かたく厚い織物などのごわごわした感じを表わす語。
西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一五「白い縮緬呉絽の、ごりごりするやつで」
③ むりに、また、強く力をいれてこするさまを表わす語。
落語・京阪見物(1894)〈三代目春風亭柳枝〉「此絵を見や、口をあんぐり開いてゴリゴリ挽ゐて居やアがる」
[2] 〘形動〙 かたくなで頑迷なさま。
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生の人生観「浅薄でない人間と云へば頭のゴリゴリな学者が多かった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「ごりごり」の意味・読み・例文・類語

ごり‐ごり

[副](スル)
かたい物をかじったときの歯ごたえのあるさま。また、そのときの音を表す語。「ネズミが壁をごりごりかじる」
力を入れて激しくこするさま。「鍋をたわしごりごりこする」
厚い服地などのかたくてごわごわしたさま。「ごりごりした兵児帯へこおび
強引に事を行うさま。「ごりごりとむかっていく棋風」
[形動]
かんだときにかたく感じるさま。「ごりごり里芋
凝り固まってかたくななさま。
「あの女は憎みたいほど冷たいクリスチャンの―です」〈阿部知二・冬の宿〉
アクセントリゴリ、はゴリゴリ
[補説]2近年、「筋金入りの」「エネルギッシュな」などの意で、好意的に用いられることもある。「ごりごり体育会系」「ごりごりハードロック

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android